2021年03月31日

死亡時にはどのような保険に加入しなければならないのか、また、重大...

危疾保險

人の目には「生と死」が大きく映ります。特に死は、一家の大黒柱の顔であり、故人はいなくなっても責任は残っています。住宅ローン、車のローン、子供の教育、親のサポートなど、平たく言えば、お金のかからないものはありません。 このような状況の中で、当社は、お客様に最高のサービスを提供することを最大の目標としています。

死亡時にはどのような保険に加入していますか?

状況別:現在の死亡保障の基本的な保障内容は、傷害保険、死亡保障大規模保険、定期保険です。

保險計劃專為15天至17歲兒童而設,涵蓋包括自閉症、嚴重哮喘等10種兒童危疾,以及26種嚴重危疾保險 ,全面照顧您與家人的需要。

車の運転が多く、事故が怖いという人は、傷害保険の総合プランでいいと思います。 市場には多くの事故の危険性があり、通常は高価格帯で、120ドルのプリーツが100万ドルの事故価格補償を開く

病気が去るのが怖いのであれば、定期生命保険に加入することで、病気や事故などによる死亡に備えることができます。

病気による死亡や事故による死亡をカバーする死亡保障型の重大疾病保険の場合、重大疾病だけでなく、いずれの場合も重大疾病の請求と死亡の請求は1つ分しか支払われません。

基本的には、そのようなことがないようにしましょう。

重大疾病保険で死亡保障を買わないと、疾病保険金を買う方がはるかに安く、重大疾病死亡保障を買う方が高いということになります。 必ずしも病気になるわけではありませんが、死(事故、病気、自然死)はすべての人にとって避けられないものであり、100%です。

だからこそ、クリティカルディジーズ保険に加入するかどうかは、あなたのポケットの予算と、あなたの好みと必要性による。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。